レディー

届けて欲しい時に届けてもらえる|宅配弁当をお得に利用

キムチの様々な種類

キムチ

朝鮮半島が発祥といわれているキムチですが、最近では世界各国で愛されています。隣の国のここ日本でも、家庭に普及するなど一般的に親しまれています。日本で親しまれているキムチは白菜が使用されているものが一般的ですがキムチの本場、韓国には約180種類のキムチが存在するといわれています。日本でも人気な白菜をベースにした白菜系のキムチの種類は約20種類となっていて、それほど多くはありません。大根などの根菜を使ったキムチが約60種類とされています。それでも全体の半数以下です。その他の野菜を使ったキムチや、海藻を使ったキムチなど日本ではあまり知られていないキムチがたくさんあるのです。

今知られているキムチはトウガラシを使用していて辛さを楽しめる漬け物ですが、初期のキムチはそうでは無かったといわれています。トウガラシを使用する前はただの塩漬けだったようです。キムチにたくさんの種類がある理由は、地域によってとれる食材が違うからだといわれています。キムチは韓国の人々の暮らしに密接に関係しており、独自の楽しみ方が生まれてきました。寒い地域では、冬を迎える前にキムチを漬けます。寒くなり野菜などが収穫できなくなると、保存食として食します。春を迎えると野菜を収穫し、次の冬に備えてキムチを作るのです。また、沿岸の地域では海藻をキムチとして漬け込んで保存食にしています。そういった地域の人々の暮らしの知恵や思いがたくさん詰まっているのがキムチなのです。たくさんのキムチが存在するので、自分の口にあったキムチを探してみてはいかがでしょうか。インターネット通販サイトでは、こういった様々なキムチを購入することが出来るので気軽に利用してみると良いでしょう。